みやとりっぷ
Vol.001

“はっと”する魅力いっぱい!
冬も“ほっと”な登米市。

宮城県各地の見逃せないスポットや多彩な体験をご紹介する「みやとりっぷ」。記念すべき第1弾は、県北に位置する登米市へ!かつて登米伊達藩の城下町として栄えたまちには、昔ながらの建物やおいしい郷土料理、話題のスイーツなど、たくさんの魅力が溢れていました。

このページでご紹介するスポット

  1. レトロな建物巡りを楽しめる!「みやぎの明治村」
  2. この季節にぴったり!「喰膳 蔵.ら~の油麩丼&はっと汁」
  3. 安全・安心なおいしいスイーツを♪「精進スイーツ結び」
  4. 国民的萬画家の軌跡をたどる「石森章太郎ふるさと記念館」

レトロな建物巡りを楽しめる!
「みやぎの明治村」

はじめに訪れたのは登米町。ちなみに登米市は「とめし」、登米町は「とよままち」と読むのでご注意を! 登米町には明治時代に造られたハイカラな洋風建築が点在し、その風情ある町並みから「みやぎの明治村」と呼ばれています。

まずは、教育資料館(旧登米高等尋常小学校校舎)へ!明治21年に建築された洋風の校舎は、国の重要文化財に指定されています。

建物の中には、昭和48年まで使用されていた教室を活かした再現教室や各時代の教材、町の歴史に関する展示パネルなど見所が盛りだくさん!取材時に訪れていたご婦人たちは展示物を見て、「この外套懐かしい~」「こんな教室だったよね!」と大盛り上がり。

BGMとして流れる童謡を聴きながら校舎を回っていると、なぜか懐かしい気持ちになるから不思議です。

この他にも登米町には「警察資料館(旧登米警察署庁舎)」や「水沢県庁記念館(旧水沢県庁庁舎)」など、建物好きにはたまらないスポットばかり。

屋外に本格的な能舞台をそなえた伝統芸能伝承館「森舞台」、そして2019年9月にリニューアルオープンした「登米懐古館」を手掛けたのは、新国立競技場の設計でも知られる隈研吾氏!現代を代表する建築家の作品をじっくり見学することができます。

登米町

教育資料館(旧登米高等尋常小学校校舎)/警察資料館(旧登米警察署庁舎)/水沢県庁記念館(旧水沢県庁庁舎)/伝統芸能伝承館「森舞台」/登米懐古館[ 地図

●お問い合わせ

とよま観光物産センター 遠山之里

Tel.0220-52-5566

この季節にぴったり!
「喰膳 蔵.ら~の油麩丼&はっと汁」

旅の醍醐味といえば、やっぱりグルメ! 登米町でぜひ味わいたいのが、郷土料理の「油麩丼」と「はっと汁」。今回は2つの料理が一度に味わえる、「喰膳 蔵.ら~」さんを訪れました。

油麩丼とは、カツ丼のカツを油麩に代えた一品。だし汁をたっぷり吸ったふわふわの麩に、とろとろの卵が絡んで、もうご飯がとまりません! ヘルシーな油麩をメインにしながら食べ応えも十分です!

そして、寒い冬におすすめなのがはっと汁! はっと汁は、小麦粉を練ってつくるはっとを季節の野菜やきのこ、油麩などと煮込む登米の家庭の味。醤油ベースのお汁に、体が芯からあたたまります。

「蔵.ら~」さんでは、油麩丼とミニはっと汁をセットにした「くらら~セット」がいただけます。店主の方にお話を伺うと「なるべくシンプルな味付けで、多くの人が食べやすいようにしています。はっとのつるんとした食感を楽しんでほしいです!」とのこと。

「蔵.ら~」さんは観光物産センターと同じ施設内にあり、教育資料館など他の観光施設からのアクセスも快適♪ 登米町の建物巡りでお腹が空いたら、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

喰膳 蔵.ら~

宮城県登米市登米町寺池桜小路2(とよま観光物産センター内)[ 地図

●お問い合わせ

Tel.0220-52-2922

安全・安心なおいしいスイーツを♪
「精進スイーツ結び」

ほっと一息つけるお洒落なカフェが多い登米市。中田町にあるマクロビCafe「精進スイーツ結び」さんを訪れました。

「元々ケーキ屋をやりたかったのですが、アレルギーなどで好きなものが食べられず悩む人たちが多いのを感じていて。そういった人たちでも食べられるお店にしました」と店主さんが話す同店のメニューは、卵・乳製品・動物性の材料・白砂糖を不使用。

安全・安心な国産のオーガニック素材で作り出されるマクロビ&ビーガンスイーツや天然酵母パン、フードなどが店内に所狭しと並んでいます。

今回は、一年を通して提供されているビーガンソフトクリームをいただきました。豆乳などからつくられたソフトクリームは、後味の良いさっぱりとした甘さ。個人的には一般的なソフトクリームより好きかもしれません! 贅沢にトッピングされたイチゴは、登米市米山町産のものを使用しています。こんなにおいしいのに、からだにやさしいなんていいこと尽くめで得した気分です。

古民家を改装したという落ち着いた雰囲気の店内からは、美しく手入れされた庭や開放的な田園の風景を望めます。

佐沼地区の「こーひー日和」さんで焙煎されている「オーガニック結びブレンドコーヒー」を飲みながら窓の外を眺めていると、ゆったりとした時間の中で、日々の忙しさも忘れられそうです。

また、お店では登米市の素材などで作るクッキーを詰め込んだ「とめかん」を今年の12月から発売しています。白鳥やりんご、ご当地キャラ“はっとン”など登米にちなんだ形のクッキーやかわいらしいパッケージは、お土産にもぴったりですね!

精進スイーツ結び

宮城県登米市中田町石森入道坂5[ 地図

●お問い合わせ

Tel.050-3580-8800

国民的萬画家の軌跡をたどる
「石森章太郎ふるさと記念館」

『仮面ライダー』『サイボーグ009』などの作品で知られる漫画家・石森章太郎は、宮城県登米郡石森町出身(現・宮城県登米市)。ペンネームの由来にもなった石森地区には、石森先生の功績を称えて「石森章太郎ふるさと記念館」が建てられています。

施設にはデビュー前の作品や萬画を書く際に使用していた備品、実際の原稿など貴重な資料が充実。石森先生の半生や活動を紹介する展示なども見ることができます。

残念ながら展示の撮影はNGですが、こちらの施設は石巻にある「石森萬画館」と比べて、作品よりも石森先生本人にスポットを当てた内容となっており、県外からも往年の石森章太郎ファンが訪れるそうです。

同施設の近くには、石森先生が少年時代を過ごした生家がほぼそのまま残されており、実際に使っていた机や少年時代のエピソードなどの展示も。この他にも石森地区には石森先生ゆかりのスポットが多く残り、国民的萬画家のルーツにふれ、少年時代に思いを馳せながら散策することができます。

森章太郎ふるさと記念館

宮城県登米市中田町石森町132[ 地図

●お問い合わせ

Tel.0220-35-1099

登米市のみやとりっぷマップ

\ この情報をシェアする /

みやとりっぷの一覧

ページトップに戻る